今週の駅弁 奥羽本線「新青森駅・(青森駅)」

今週の駅弁 JR東日本@にもどる

伯養軒の「青函海峡物語」
株式会社 ウェルネス伯養軒青森支店
¥1200−(H29.6現在)
原 材 料 =ご飯/茶飯/いくら/帆立煮
/サメ塩麹焼/いか照焼/鰊昆布巻
/焼長芋/タケノコ煮/卵そぼろ ほか
容 器 = プラ製五角形容器(底面紙製)
ご飯が茶飯と白飯の2種類あり、 茶飯の方にはいくらとベビー帆立、味付山クラゲがのり、白飯
の方には卵そぼろとやりいか照焼、大根桜漬がのっています。
おかずには、長芋素焼やいかメンチ、リンゴ赤ワイン煮、鮫の塩麹焼といった青森らしいものと、
細竹煮やにしん昆布巻、北海道産牛肉と糸蒟蒻のうま煮など、函館らしいものが並んでいます。
「北海道新幹線開業記念駅弁!」として発売されたもので、函館と青森に特化した内容の駅弁に
仕上がっています。

「十和田バラ焼き重」
有限会社 幸福の寿し本舗
¥950−(H27.7現在)
原 材 料 =ご飯/牛肉玉ねぎ炒め
/煮物(里芋・人参・椎茸)/卵焼
/長芋しそ風味漬/きぬさや ほか
容 器 = プラ製折箱(底面紙製)
牛バラ肉と玉ねぎを甘辛ダレで下味をつけ、 それをじっくりと焼いた十和田名物の有名なB級グ
ルメを白いご飯にのせた、お重タイプの駅弁です。
十和田バラ焼きはとても味が濃く、甘辛ダレが肉にも玉ねぎにしみており、食が進みます。そのタ
レがご飯にも少ししみていて、全体的に濃い味に仕上がっています。
付合せは煮物や卵焼のほか、青森特産の長芋を使ったしそ風味漬が入っており、これが後味を
さっぱりさせてくれます。
「B−1グランプリ」でもおなじみの料理を使った、地元ならではのおすすめ駅弁です。

「津軽極弁当」
株式会社 吉田屋
¥1200−(H26.12現在)
原 材 料 =醤油ご飯/いくら醤油漬/
卵焼/紅ズワイフレーク/蒸しうに ほか

容 器 = プラ製折箱(底面紙製)
3つに仕切られた容器に、カニ、いくら、 うにの三大海鮮が、ご飯の上にぎっしりと敷き詰められた
とてもぜいたくな駅弁です。
カニは紅ズワイのフレークで、醤油ご飯との相性がピッタリです。また、いくらは生臭さが全くなく、
プチプチした食感が際立っています。うには蒸した物を使っていますが、くどさは全くありません。
北海道でよく見かける組み合わせを、あえて老舗の製造元が手掛けたもので、価値ある内容の駅
弁に仕上がっています。

「大人の休日 津軽物語」
株式会社 ウェルネス伯養軒青森支店
¥900−(H26.2現在)
原 材 料 =ご飯/茶飯/細竹/蒸うに
/煮物(椎茸・鶏肉・蒟蒻・きぬさや)
/帆立煮/焼鮭/卵焼/蒲鉾 ほか
容 器 = プラ製折箱(底面紙製)
ご飯折とおかず折の二段重ねになっており、 ご飯は細竹ののった若竹ご飯と、茶飯の上に蒸うに
を散らした雲丹ご飯の2種類が入っています。
一方のおかずは、地場野菜の煮物を中心とした献立で、その他紅鱒の粕漬焼や帆立甘辛煮、若
鶏治部煮、山ゴボウ、卵焼、蒲鉾、長芋の紅梅漬など、多彩な内容になっています。
味付けがしっかりしている割にくどさがなく、筍ご飯にも雲丹ご飯にも合うようになっています。米
はもちろん、それぞれのおかずも青森産にこだわった駅弁です。

「南部わっぱめし」
株式会社 日本レストランエンタプライズ
¥1000−(H25.3現在)
原 材 料 =ご飯/焼鮭/卵焼/蒲鉾
/煮物(ホタテ・筍・椎茸・レンコン 他)
/イクラ/煮穴子/栗甘露煮 ほか
容 器 = プラ製わっぱ型容器(底面紙製)
白いご飯の上に焼鮭、イクラ、煮穴子、ホタテなどの海鮮物の他、 椎茸やタケノコ、レンコンなど
の煮物がのった、海の幸と山の幸が満載の駅弁です。
全体的に濃い目の味付けで、ご飯が進むようになっています。特に、焼鮭とイクラの塩分が高い
ように思われます。また、煮物もしっかりと味がしみており、添付の醤油の出番はありません。
その他、蒲鉾やキヌサヤ、栗の甘露煮なども入っていて、見た目以上に豪華な駅弁です。
この駅弁は八戸駅・盛岡駅でも販売されています。

「北の彩」
株式会社 日本レストランエンタプライズ
¥1000−(H24.6現在)
原 材 料 =炊込みご飯/焼ほたて/
煮物(人参・凍み大根・ネギ・タラ 他)/
あわび煮/味付数の子/焼うに ほか
容 器 = プラ製折箱(底面紙製)
東北新幹線新青森駅開業を記念して発売された駅弁で、 青森県産米「つがるロマン」をはじめ、
青森づくしの内容の贅沢な海鮮駅弁です。
ご飯はウニとアワビの炊込みご飯になっており、その上にもウニが多数散らされていて、贅沢過ぎ
るほどです。この他に海草などもたくさん入っていて見た目にはきらびやかですが、その他のおか
ずも含めて、味がややくどい感じがします。  
見た目、内容ともとても豪華ですが、味のバランスにちょっと疑問を感じます。
この駅弁は八戸駅・盛岡駅でも販売されています。
※ この駅弁は、現在販売されていません。

「八戸小唄寿司」
有限会社 吉田屋
¥1100−(H23.4現在)
原 材 料 =酢飯/しめ鯖/
紅鮭/甘酢生姜 ほか

容 器 = プラ製折箱
押寿しタイプのお弁当で、酢飯の上にしめ鯖と紅鮭をのせてあり、 三味線のバチを模した器具で
適当な大きさに切って食べるようになっている名物駅弁です。
脂ののったしめ鯖と紅鮭の味が絶品で、押寿しにピッタリです。
見た目以上にボリュームがあり、「全国駅弁コンクール第1位受賞」という人気駅弁です。
製造日の翌日まで日持ちしますので、お土産にも最適です。
この駅弁は八戸駅でも販売しています。

「青森味づくし」
株式会社 ウェルネス伯養軒青森支店
¥1000−(H22.12現在)
原 材 料 =ご飯/ホタテ煮/舞茸煮/
煮物(椎茸・人参・蒟蒻・絹さや)/卵焼
/ひじき/しゅうまい/エビフライ ほか
容 器 = プラ製五角形容器(底面紙製)
白飯と醤油ご飯の2種類のご飯のほか、 12の区画にさまざまなおかずが所狭しと並んだお弁当
で、その名の通り青森の味が詰まった駅弁です。
青森が海の幸と山の幸の両方に恵まれていること語よくわかる内容になっており、特にホタテや
いか、エビ、鮭、舞茸、リンゴなどを巧みに味付けして提供されています。
その他煮物やしゅうまいなどもしっかりした仕上がりで、全てが申し分ない駅弁です。
※ この駅弁は、現在販売されていません。

「津軽の幕の内弁当」
有限会社 幸福の寿し本舗
¥1200−(H22.4現在)
原 材 料 =ご飯/醤油ご飯/焼鮭/
いくら/ほたて照焼/やりいか姿焼/
鶏照焼/煮物/身欠にしん煮 ほか
容 器 = プラ製折箱(底面紙製)
いくらご飯とたけのこご飯の2種類のご飯のほか、 特大のほたて煮や鮭、身欠にしん煮、その他
煮物など、4つに仕切られた容器に所狭しと並べられた豪華な幕の内弁当です。
青森を代表する食材が多数使われており、全体的に濃い目の味付で、酒の肴にもピッタリです。
ていねいな作りで味もよく、申し分ない駅弁です。

「若どり弁当(とりめし)」
株式会社 ウェルネス伯養軒青森支店
¥820−(H21.6現在)
原 材 料 =茶飯/鶏照煮/鶏唐揚
/卵そぼろ/鶏そぼろ/椎茸煮/
蒲鉾/しば漬/紅しょうが ほか
容 器 = プラ製折箱(底面紙製)
茶飯の上に卵そぼろと鶏そぼろがのり、 その上に厚切りの鶏照煮肉がのった、昔ながらの鶏め
し弁当です。
やはり中央部の鶏照煮が白眉で、やや歯ごたえがあり、噛めば噛むほどうまみが出てきます。
卵そぼろと鶏そぼろがやや甘めの味付けになっていて、付け合わせの椎茸煮と共に、茶飯の味
を引き立てています。
とても丁寧な作りで、九州地区の「かしわめし」とは異なる、鶏のうまみが楽しめる駅弁です。

「津軽の笹寿司」
有限会社 幸福の寿し本舗
¥800−(H18.12現在)
原 材 料 =酢飯/酢漬け鮭/酢漬け鯛
/山椒の葉/レモン/笹の葉 ほか

容 器 = 紙製折箱
笹の葉に包まれた「鮭の押寿司」3個と、「鯛の押寿司」 2個入りのお弁当で、どちらもスライスレ
モンと山椒の葉が添えられており、お好みに応じてわさびと醤油をかけるようになっています。
鯛は身が厚く、噛み切れないほどのサイズですが、その分食べ応え十分です。青森で「鯛」という
のも珍しい感じがしますが、逆に青森ゆえに日持ちする「押寿司」という形で鯛をいただくというス
タイルなのかもしれません。
味はよいのですが、笹を外すのがちょっと面倒で、 長野駅の「笹寿司」によく似ています。

むつ湾産「帆立釜めし」
株式会社 ウェルネス伯養軒青森支店
¥900−(H18.2現在)
原 材 料 =ほたてご飯/ほたて煮
/錦糸卵/山くらげ/姫竹煮 ほか

容 器 = プラ製お釜形容器
むつ湾で獲れた小ぶりのほたてがとてもやわらかく、味付ご飯もおいしいお弁当です。
味は全体的に濃い目ですが、決して塩辛くはなく、ご飯との相性もイイようです。
姫竹煮や山くらげなどの付けあわせもよく、バランスのとれた釜めし駅弁です。
東北らしいほのぼの駅弁ですが、プラ製容器がちょっと安っぽい感じがします。


今週の駅弁 JR東日本@にもどる