★ チケット袋 : その他旅行代理店

旅ときっぷのページ ☆きっぷを見る〜私鉄その他 にもどる

★日交観
昭和40年代のチケット袋で、各種旅行券に対応する大型袋になっています。

日交−1
日交観チケット袋(昭和48年)
昭和48年頃に使われていたチケット袋です。

当時日交観は、小規模な国鉄駅の管理も受託しており、きっぷの販売を請け負っていました。
国鉄券だけでなく、航空券や船車券も扱っていたことから、チケット袋にも航空機や船舶が描かれています。





★日本旅行
日本旅行は、日本交通公社に次ぐ大手No.2の旅行代理店でした。

日旅−1
日本旅行チケット袋(平成17年)
平成17年頃に使われていたチケット袋です。

マルスM型券(85mm券)に対応した大きさの袋です。
デザインはシンプルで、全国一律だったようです。





★近畿日本ツーリスト
近鉄系列の旅行エージェンシーで、当初はひまわりマークが目印になっていました。

近ツ−1
近畿日本ツーリストチケット袋(昭和45年)
昭和45年頃に使われていたチケット袋です。

硬券やY型・X型マルス券に対応した小型の袋が使われていました。
支店ごとの特徴はなく、こちらも全国一律のデザインだったようです。





★JR東海ツアーズ
JR東海の子会社で、主に旅行商品を取り扱っていました。

海ツ−1
JR東海ツアーズチケット袋(平成17年)

平成17年頃に使われていたチケット袋です。

これは「ぷらっとこだま」専用の袋で、おもて面に「お客様へ」と書かれた利用案内があるのが特徴です。
旅行端末サイズの券が入る大きさになっています。






旅ときっぷのページ ☆きっぷを見る〜私鉄その他 にもどる