今週の駅弁 東海道本線「米 原 駅」

今週の駅弁 JR西日本Aにもどる

「ステーキ弁当」
(株)井筒屋
¥1300−(H29.7現在)
原 材 料 =ご飯/牛肉ステーキ/
スパゲッティサラダ/刻みキャベツ
茎わかめ/レタス/カブ漬 ほか
容 器 = 紙製容器(内側プラトレイ)
白いご飯と厚切牛肉ステーキで人気の米原駅弁です。
ステーキには別添の醤油とマイルドマスタードをかけるようになっていて、和風な味で楽しめるよ
うになっています。しかも肉の焼き加減がレアに近いため、とてもやわらかくて冷めてもおいしく食
べられます。
付合せはカブ漬とスパゲッティサラダ、ゆでじゃがいも、茎わかめというシンプルなメニューで、ス
テーキ肉の下には洋食らしく刻みキャベツとレタスが敷いてあります。
肉は申し分ありませんが、白飯に合う味の濃いおかずが見当たらず、ご飯が残ってしまう点は残
念です。

「牛肉弁当」
(株)井筒屋
¥950−(H21.1現在)
原 材 料 =ご飯/牛肉/だし巻卵/
茎わかめ/レタス/ポテトサラダ/
こんにゃくグミ/梅干/大根桜漬 ほか
容 器 = 紙製容器(内側プラトレイ)
牛肉しぐれ煮を中心とした幕の内タイプのお弁当で、 近江牛を楽しめる駅弁です。
牛肉は玉ねぎと一緒に煮たもので、肉のうまみが前面に出たぜいたくな味わいです。とにかく厚切
りの肉が並んでいて、甘みもあって申し分ありません。
おかずのだし巻卵が絶品で、その他ポテトサラダや茎わかめなど、付け合せにぴったりの内容に
なっています。
デザートには珍しい「こんにゃくグミ」が入っており、値段も手ごろな名物駅弁です。

「湖北のおはなし」
(株)井筒屋
¥1000−(H19.8現在)
原 材 料 =山菜おこわ/小芋/えび豆/
鴨ロース/くわやき風鶏肉/こんにゃく/
ぬた(ねぎ,あげ)/山ゴボウ/小梅 ほか
容 器 = 御簾製弁当容器
御簾を利用した風流な弁当箱に、桜の葉を敷いた山菜おこわと、 鴨ロースや煮物を中心とした多
彩なおかずが入った幕の内タイプのお弁当で、米原駅弁の代表格と言える有名駅弁です。
ご飯はおこわですが、季節によってその内容が変わり、ここでは山菜入りおこわになっていて、下
に敷かれた桜の葉が味を引き出しています。
もちろんおかず類も申し分なく、主役である鴨肉のローストが絶品で、その他小芋の煮物とネギ&
お揚げのぬたが懐かしい味を演出しており、人気のほどがうかがえる内容です。
この駅弁は、特急「しらさぎ」の車内(名古屋〜米原間)でも販売されています。


今週の駅弁 JR西日本Aにもどる