今週の駅弁 東海道本線「小田原駅・熱海駅」ほか

今週の駅弁 JR東日本Bにもどる

「金目鯛西京焼弁当」
株式会社 東華軒
¥950−(H29.6現在)
原 材 料 =味付ご飯/金目鯛西京焼/
煮物(椎茸・ふき・人参・ひじき他)/
酢蓮根/高菜油炒め/錦糸卵 ほか
容 器 = プラ製折箱
味付ご飯の上に、大きな金目鯛西京焼2切と錦糸卵、 酢レンコン、各種煮物などがのった、名産
の金目鯛を西京焼に仕上げてメインに据えた駅弁です。
金目鯛は西京焼にしてもうまみが濃く、西京焼のタレが味を邪魔していません。しかも、大き目の
切身になっていて、ボリュームも十分です。
おかずでは、煮物が特筆されるおいしさで、フキや人参、椎茸など、どれも煮くずれすることなく味
がほどよくしみており、申し分ない仕上がりです。また、ひじき煮や大根つぼ漬、高菜油炒めなど
も付合せにピッタリで、バランスのイイ内容のおすすめ駅弁です。

「炙り金目鯛と小鯵押寿司」
株式会社 東華軒
¥1350−(H27.8現在)
原 材 料 =酢飯/炙り金目鯛/
酢〆小鯵/梅ちりしそ巻寿し/
梅ちり広島菜寿し/わさび ほか
容 器 = プラ製折箱(底面紙製)
金目鯛と小鯵のにぎり寿司をメインにした、 伊豆の海がその場で感じられる駅弁です。
内容は炙り金目鯛6カン、酢〆小鯵6カンのほか、しそ巻と広島菜巻がそれぞれ1カンずつ入って
おり、わさびと醤油が別添えになっています。
とにかく金目鯛が甘くてやわらかく、適度な歯ごたえもあって申し分ありません。炙ることによって
うまみがより一層引き出されている感じがします。逆に小鯵は酢〆がやや気になって、後味に生
臭さが残ります。これは金目鯛とセットになっていることによって感じられることかもしれず、小鯵
単品であれば気にならないかと思われます。
金目鯛らしさ全開で、煮付とは違う脂の甘みと身の締まりが食感でわかります。

「うなぎ弁当」
株式会社 東華軒
¥1680−(H24.7現在)
原 材 料 =ご飯/うなぎ/
大根漬/山椒 ほか

容 器 = プラ製折箱(底面紙製)
白いご飯の上にほぼ1尾分のうなぎ蒲焼がのった、 直球勝負のうなぎ弁当です。
うなぎにはタレがかかっていますが、別に袋入りのタレが付いており、お好みに応じて追加できる
ようになっています。(もちろん山椒も添えられています)
うなぎは肉厚でボリュームがあり、脂ものっていて申し分ありません。お値段がやや高めですが、
それに見合う内容の駅弁です。
付け合せは甘めのべったら漬のみという、正真正銘うなぎ勝負の駅弁です。

「桜海老とじゃこの海物語」
株式会社 東華軒
¥880−(H20.11現在)
原 材 料 =醤油ご飯/じゃこ炒煮/梅干
/かき揚げ(玉ねぎ・人参・桜海老 他)
/桜海老炒煮/大根塩漬/くるみ ほか
容 器 = 紙製わっぱ形容器
醤油で炊いた味付ご飯の上に、じゃこと桜エビの炒煮がたっぷりかかり、 かき揚げとくるみも添え
られた小田原らしい駅弁です。
じゃこの味付けが絶妙で、桜エビの食感と合わせて海の恵みを楽しめる内容になっています。
しかもご飯の味付けは濃すぎず、じゃこと桜エビの味が引き立っています。
かき揚げがていねいに作られていて、どれも申し分ない味に仕上がっています。

「こゆるぎ茶めし」
株式会社 東華軒
¥710−(H19.1現在)
原 材 料 =茶飯/魚でんぶ/卵焼/
椎茸煮/人参煮/エビフライ/筍/
あさり照焼/わさび漬/枝豆 ほか
容 器 = 紙製わっぱ形容器
醤油で炊いた茶飯の上に、魚のでんぶやおかず類がのったお弁当で、 バランスのとれた内容の
駅弁になっています。
おかずは煮物や卵焼きなどの定番の品に加え、あさりの照焼や蒲鉾、たけのこ、わさび漬など、
相模地方の名産品も入っており、いずれもやや濃い目の味付けで、甘めの魚でんぶとの相性もピ
ッタリの、おすすめ駅弁です。

はろうきてぃ
「金太郎べんとう」

株式会社 東華軒
¥900−(H18.5現在)
原 材 料 =醤油ご飯/ハンバーグ
/鶏照焼/エビフライ/卵そぼろ
/山ごぼう/桜餅/銀杏 ほか
容 器 = 樹脂製弁当箱容器
金太郎スタイルのキティちゃんお弁当箱に入った、子供向け献立のお弁当で、 量も少なめです。
味付けご飯の上に、卵そぼろと刻み海苔がかかり、ハンバーグやエビフライ、鶏肉の照焼きとい
ったお子様メニューの定番おかずが並んでいます。
比較的バランスのとれた内容で、味も申し分ありませんが、ちょっと割高な感じがします。
※ この駅弁は現在販売されていません。


今週の駅弁 JR東日本Bにもどる